創立者の歩み
 年号  西暦  事項  
 明治       
創立者 宇治田積
 25年  1892 長野県東筑摩郡宗賀村洗馬(現、長野県塩尻市洗馬)に
はたごや(よしのや)の三男として生まれる
 大正  
 2年  1913 官立金沢医学専門学校医学部(現、金沢大学医学部)入学
 6年  1917 東京神田三井慈善病院(現、三井記念病院)の研修生になる
 7年 1918 日本赤十字社、長野県支部病院(現、長野県赤十字病院)
医員拝命外科勤務
 8年  1919 小野村(現、辰野町小野)宇治義子と結婚
 9年  1920 大宮町(現、さいたま市大宮区宮町1丁目)に
宇治診療所を開業
 
沼野村長・小島村長
森川村長・宇治町長・林村長
14年  1925 国有鉄道嘱託医となる
  〃    〃  大宮信用組合(現、埼玉県信用組合)創立の発起人になる
 昭和  
 5年 1930 現住所に病院を開設 
 9年 1934 大宮町医師会(現、大宮医師会)理事になる
12年 1937 大日本国防婦人会大宮町分会顧問になる
 〃  〃  大宮町長(現、さいたま市長)に選出
(昭和12年〜昭和15年)
13年  1938 帝国在郷軍人会大宮町分会顧問になる  
左から清水市長・宇治田積・
       福永代議士・
高松宮妃殿下
〃  〃  埼玉県北足立郡畜産組合大宮町委員になる
〃  〃  北足立郡大宮町農地委員会会長就任
〃  愛国婦人会埼玉県支部北足立郡大宮町分会顧問になる
 〃    〃  埼玉県大宮商工奉任(現、さいたま市商工会)
委員事務所長就任
14年  1939 大宮警防団長(現、消防団長)に就任
〃  大宮警察署経済警察協議員になる
15年 1940 日本赤十字社埼玉支部大宮西少年赤十字團顧問になる    
福永前代議士・宇治田積・高松宮妃殿下
16年 1941 大宮市社会事業協会顧問になる
18年 1943 大宮警防團顧問になる
21年 1946 埼玉県医師会大宮支部幹事任命(22年まで) 
27年 1952 結核指定医療機関研究会々長推薦される
大宮市(現、さいたま市)教育委員会委員長に就任(33年まで)
(新制中学創設及び大宮北高等学校開設)
29年 1954 宇治病院理事長に就任
31年 1956 大宮公園サッカー日本選手権大会の際前右から
高松宮妃殿下・福永代議士・宇治田積教育委員長・
清水市長
     
福永前代議士・高松宮妃殿下・宇治田積
 〃  〃 盆栽村(現、さいたま市北区盆栽町)九霞園にて
33年 1958 鉄道嘱託医懇話会々長に推薦される
5月25日午前8時30分、大宮市現、(さいたま市大宮区
宮町2丁目)の自宅で逝去(享年67)
48年 1973 名誉市民章授与される