2代目院長の歩み 
年号 西暦 事項   
 大正    
出征前の記念写真
 8年 1919 長野県上伊那郡小野村『現、長野県辰野町小野』に
父・田積と母・義子の長男として生まれる
 昭和
 18年 1943 東京帝国大学『現、東京大学』医学部卒業
 〃  〃 旧東京大学医学部付属病院分院・外科勤務    
東大分院勤務時代
 〃  〃 軍医候補生として入隊する『中史、各地転戦』 
21年 1946 復員、東京大学医学部付属病院旧分院外科勤務
 24年 1949 文部教官任命する(28年4月まで) 
 〃 日本臨床外科学会(腹部大動脈瘤の1例)発表    
東大前
『今井医師・宇治医師・深海』
 25年 1950 胃カメラ発明
 〃  〃 日本臨床外科学会・ガストロカメラについての発表
 27年 1952 医学博士の学位授与 
 33年 1958 紺綬褒章を受く    
胃カメラ10周年記念式典
深海・宇治達郎・杉浦
 〃  〃 医療法人宇治病院・理事長兼院長に就任
 34年 1959 日本胃カメラ学会機関誌にの創刊に寄稿
36年 1961 日本内視鏡学会評議員
 〃  〃 埼玉県結核診査協議会委員    
診療中の宇治達郎
『昭和32年木造時の病院』
41年 1966 埼玉県外科医会幹事
    日本消化器内視鏡学会埼玉部会顧問就任
 42年  1967 埼玉県対癌協会検診医
 43年  1968 大宮医師会理事(学術担当) 45年まで
大宮市『大宮』医学会
『胃切除ごの胃腸通過障害について発表』
 〃 大宮医師会外科医会
『直腸エンドメトリオージスについて発表』
 44年 1969 大宮外科医会会長就任  
 45年  1970 東京大学医学部講師『46年まで』    
診療中 宇治達郎
 47年  1972  埼玉県外科医会常任幹事
 50年  1975 日本消化器内視鏡学会関東地方評議員就任
 〃  〃 大宮保健所結核診査協議会 会々員
 55年  1980 11月27日午前7時28分東京都文京区の
順天堂大学附属病院逝去『享年61』